危険!ナイロンブラシを使用するとはげる? 静電気で毛根が破壊される恐怖!

その他

一般市民が活用する日用品として、高度経済成長と共に普及してきたナイロン商品は、 現代文明が作った画期的アイテムであり 、 品物が生産しやすくて、 値段がお手頃である。

ところが、この現代文明の テクノロジーに見えたナイロン商品 に ショッキングな 問題点が見つかった。との噂が広まった。

 静電気が発生してしまう との噂である。

あなた自身も幼い頃、経験はないだろうか?

ブラシや下敷きなどで衣類で激しくこすってから、髪の毛に近づけてみると、その髪の毛はピンと直立してブラシや下敷きについてしまうはずである。

これが静電気である。

つまり、こすられたナイロンブラシに静電気が生じて、物を吸いよせているのである。
科学研究員の分析では、その静電気のボリュームは、時として千ボルト単位まで上昇すると言われている。
そして、このナイロンブラシを引き起こす静電気が、 脱毛という深刻な事態を招く恐れがあるので ある。

この脱毛騒ぎが発生したのは、かれこれ二十年ほど前にさかのぼる。

抜け毛が多くなった、毛髪が衰えてきたという評判が数多く噂されてきて、要因は何だろうと調査したらナイロンブラシだったということだが・・・。

ナイロンブラシが頭髪にダメージを与える流れはこのような感じである。
まず、ブラッシングすることで、頭髪とブラシの問に生み出された静電気は毛幹を伝達し、毛根下にある毛乳頭で人体の皮膚が備えている皮膚電気との問に微細な放電を発生する。

微小とはいっても、それは地上電気と空中電気による稲妻とおなじで、頭皮内において起こった放電は火花を放つくらいすごいらしい。

 

そして、ひとたび放電するといままでしっかりとくっついてた毛乳頭と皮膚組級との間に小さな気泡を発生させる。
この気泡は、すこしくらいなら問題なく自然に消滅するのだが、ブラッシングが度々繰り返されると、放電を繰り返すことになり気泡が過剰に発生してしまう。

あげくは皮膚組織と毛乳頭の問に常態化し、すぐ近くの細胞を角化してしまう。

こうして、頭髪は歯槽膿漏で歯ぐきとの 密着を失った歯のごとく毛が抜けてくるという具合だ。 

静電気は、ナイロンブラシにかぎらず発生しやすいものなのだが、とりわけナイロンブラシはケタ違いに多く見られるのである。

このナイロンブラシを乾いている頭髪に使用した場合ダメージはより一層増大する。

乾いていると、より一層静電気を発生しやすいからだからだ。

このようにしていつの間にやら毛根が破壊され、脱毛していくと噂されている。

このナイロンブラシ公害は、結構一般的にも知られ、最近では 静電気防止のブラシも豊富に販売 されていますので、小さいことから育毛改革をはじめましょう。