親がハゲると子供もハゲる? 男性ホルモンの遺伝的要因は影響されるのか?

その他


 

男性ホルモンは、ハゲに影響するのか?

ハゲは、遺伝的要因が関係あると言われている。ご両親が若年層の時からハゲていると、そのこどももやはり若い年代のうちにハゲになりやすいなどとよくいわれる。

正しくは、ハゲそのものが遺伝してしまうのではなく、ハゲを発症し易い体質が遺伝してしまうのである。

ここ数年取りざたされているガンそのものが遺伝してしまうのではなく、ガンになりやすい体質が遺伝してしまうということとまったくおなじ理論だ。
では、そのハゲにかかりやすい体質とは具体的にどんな感じなのか。

 

1つは、ホルモン、それも男性ホルモン(マンドロゲンという)の分泌量の差である。男性ホルモンとは精巣間質細胞で作り出されるホルモンで、男性の生殖器官の育成の発現とを促進し、また、性的衝動を発生させるものである

頭髪はホルモンと親密な因果関係をもっていることはかなり真実である。その男性ホルモンが、男性だけではなく女性にもあることはいうまでもない。陰毛など頭髪をのぞく体毛は、ほとんどこの男性ホルモンの働きによって生じ発達している。

ところが、頭髪だけはいわゆる女性ホルモン(エストロゲン)によって、つかさどられている。
このおなじ毛だというのに頭髪だけが女性ホルモンによってつかさどられているという神の悪戯が、実にたくさんの人々を悩ますことになっているわけだ。

一般に男性には男性ホルモンが沢山、女性には女性ホルモンが多いということはあたりまえだが、それがともすれば男性に、成長するにつれて男性ホルモンの分泌が活動的になるにつれ、女性ホルモンを追い出してしまうという事象をおこさせがちだからである。

女性ホルモンの活動が弱々しくなれば、間違いなく、女性ホルモンがつかさどっている頭髪の活動は下降する。そして脱毛、ハゲという現象になるわけだ。

因果なことに男性的な男ほど毛が薄くなりがちなのはそのためである。

ついでに申しますと、このホルモンがアンバランスの男性は頭藍に変調を来たし、女性なら陰毛が不調になるといわれる。

ハゲが男性に多く見られかわりに、女性に陰毛の無毛症が多くあるのもそのへんが影響していると言われている。

これまで、かなり男性ホルモンの超過がハゲと親密なつながりがあることがいわれてきた。

難しくいえば、ホルモン過大な人皮脂が酸化して飽和化合物により 毛根が害される。  逆に、男性ホルモン欠乏の場合は、頭皮が硬化して頭髪の生育をさまたげるというわけだ。

ただ、男性ホルモンが過多の人がみんなハゲるかというとそうはいいきれない。

男性ホルモンの作用をうけやすい体質であるかどうかが原因であると言われているからだ。