髪に効く食材は? 昆布、ワカメ、ヒジキ、いわし、大豆、落花生、豚肉、赤身の肉、魚、野菜、果物

AGA, 育毛

 

頭髪によい食材とは?

 

頭髪の為にいい食材として浸透しているのは、 昆布、ワカメ、ヒジキなどの海草類 である。
現に、海辺に住む人たちは塩分で皮膚は荒れていても、年に似合わず黒髪をなびかせていたりする。
海草類には、ヨードが含有されていて頭の皮膚の血管を剌激して、血のめぐりをよくし、頭髪の発達を活発化させる作用をもっているからである。

 

しかし、海草を摂取したからといって、それで髪は安心というわけではない。
ここでふたたび、頭髪の生産過程のことを思い返してみよう。
頭髪というのは、毛乳頭の中にある毛母細胞とい親細胞の作用で、血液が運搬してきた栄養素を取り入れ、細胞分裂→増加というルートを経過して生み出される細胞の集合体である。

これをつくっていくためには栄養素、すなわちたんぱく質も必要となる。たんぱく質が体の中で分解されアミノ酸になって、その一部が髪に栄養分となって送られていくからだ。
もっとも、そのアミノ酸にも二〇種ぐらいあるから、アミノ酸の原材料の仕入れ先であるたんぱく質をなんでもとればよいというわけではない。頭髪にとって欠かせないのはシスチンと言われるアミノ酸。

難しい説明はさけるが、このシスチンの多いたんぱく質をとれば、よいということになる。

シスチンがいっぱい含有されている食材には、 いわし、大豆、落花生、豚肉、卵、牛乳 などである。
かと言って、こういった食材を多く摂取すれば頭髪に効果が見られるかというと、そうとは、言い切れない。

要はこれらの食品をバランスを考慮して摂取することが重要なのである。人間は頭髪を対象にして栄養分を摂り入れているわけではないのだ。

栄養素の配分を考慮することが重要であって、カラダの体調がすべての基礎となっていることはいうまでもない。
このほか、良質脂肪やビタミン、カルシウムなども必要なことはいうまでもないことである。
そのほか、髪にオススメできるとされる食材は、赤身の肉(ヒレ)、魚、野菜、果物、などが挙げることができる。

 フルーツの新鮮ジュース、生野菜のジュース などは、かなり効果がある。