ハゲは遺伝だからあきらめろ! あきらめなければ、道は開ける。 薄毛から防御するには?

AGA, 育毛

 

両親の遺伝との因果関係と血筋

 


ハゲは遺伝なのでしょうか?その要因はずいぶんありますが、それが確実ではあり得ません。
確かにご自身の父親が毛髪の薄いケースでは、その人も薄れていくケースが多く見られるのは本当の事です。

それとは反対に何を隠そう母方の血続からの影響力の方が深刻なのです。

女の人はホルモンなどの因果関係から、男の人に比べて薄くなることが少ないのはご存知の通りです。

そういうことから実を言うと母親にハゲの血筋があるのに隠れてしまっている場合が多くあるのです。
ですから、ご自身の母親が黒々としていて、父親も髪が世間一般から見ても生えているのに、自分だけが薄くなるという人もいます。

確かめてみれば母の父や母のご兄弟、すなわちその人にとっての祖父や伯父、叔父たちにハゲの人がいて、その血を受け継いでいたという事実もあるのです。

 

自分ならではの取り組みで、防御することはできるのです。

 

こういう言い方をしますと親がハゲだったり、母方にその血統が見られると、その子が無条件でハゲになると宣言しているようですが、これもけっしてそうだとはいい切れないのです。

ほとんどのケースでは、受け継いだ人は加齢と一緒に薄くなることは確かです。

けれども、そのなり方や年齢に違いが出て来るのです。

この他には、親がハゲ頭でも少しもハゲずに年齢を重ねる人達もいます。

兄が両親と一緒で若くしてハゲたのに、弟は全然薄くならないというケースもあります。

これはその子が父、母いずれの血を激しく受け継いでいるかでも違いがあります。

母方の血にまったくそういう血筋がなくて、その血をひけば、ハゲる確率がそれこそ薄くなるというわけです。とすると、父がハゲていて、母方もその家柄がある子はどうなるでしょうか。

その子はかなり ハイレベルな確率で禿げてしまう ことも想定されます。

それでも100パーセントハゲになるかというと、年齢をとればその年齢相応に薄くなることはどうしようもないとしても、ハゲの過程をゆるやかにしたり、若年層でハゲないように防御することは出来るのです。

このような事がつまり、ハゲは遺伝の要因はありますけど、それが確実ではありませんよ。ということです。
両親がハゲで自分自身の髪が薄くなってきたからといって、諦めることはまったくありません。

自分ならではの取り組みで、防御することはできるのです。

それは何故かといえば、遺伝的要因は受け継いでいても、髪が薄くなる要因はそれだけではないからです。

その別の要因を取り去れば。頭髪は見事に毛が生えてくれるのです。