ドライヤーは、薄毛の天敵? ハゲる前に使用方法を考えよう!

AGA, 育毛

 

ドライヤーは、間違いなく頭髪に悪影響を及ぼすのである

 

少しくらい、寝ぐせがあってもドライヤーを使えば、あっという間に頭髪が元通りにセットが出来る。

これだったら、若い人の間で爆発的な評価を浴びるのもうなずける。
しかし、ヘアードライヤーの頭髪に与える害については、いろいろ世間で言われている。
けれども、現状をご覧頂ければ、そんな害悪論争など関係なくほとんどの方が使用しているに違いない。

しかしながら、ドライヤーは、間違いなく頭髪に悪影響を及ぼすのである。

ドライヤーのが頭髪に悪影響を与えるという調査がされていたからである。
その調査によれば頭髪に変容が引き起こされるのは、およそ一四〇度近辺である。

この位の温度を浴びせると強さ、伸び、つやなど、そこそこの異変を示し始める。

しかしながら、現実にドライヤーから放出される温度を計測すると、八〇~九〇度であった。

この状態では温度的には悪影響がないという結果になってしまった。

しかしながら、具体的にトラブルが発生していたため、調査を続行し、鮮明になったのが 頭髪の水分の弊害 であったのだ。

 

潤いが無くなるパワフルさが問題点

 


シャンプーの後のドライヤーを使用するユーザーは若い人とはだけではないが、ドライヤーには温風を送風することによって頭髪を乾燥させる作用がある。

この 潤いが無くなるパワフルさが問題点 だったのである。

別の言い方をすれば頭髪というのは健全な状況において10パ-セントぐらいの水分があり、それが頭髪を健康的にキープしているのだが、この水分がドライヤーを使用することによって乾燥させられてしまうのである。

結論としてどういう風になるかというと、水分を失くなった枯木なら、 あっさりと折れてしまう。 

それに同じような事柄が頭髪に生じるのである。

そのように言われると、一日一〇分間ドライヤーを使用すると、 一か月で五時間程度温風を頭髪に照射していることになる。

このようにして、頭髪はかけがえのない水分を取られ、枯枝の様に変わり、各所に亀裂した悲惨な状態となってしまいます。

そうは言ってもドライヤーを活用したいという方は、、 水かオイルを使用して頭髪を乾燥させないことが重要 ではないでしょうか。