毎日シャンプーするとハゲになる? 正しいシャンプーの選び方は?

AGA, 育毛

 

頭髪保全の理論から言うとシャンプーは髪に悪影響がある。

 

頭髪はシャンプーしなくては、こびり付いた皮脂や埃、ゴミ等により毛髪を傷付けたり、バイ菌の生起を促進したりすることになる。
では、常日頃髪をシャンプーしても有益なのかというと、じつは頭髪保全の理論から言うと シャンプーは髪に悪影響がある と言われています。。

だとすれば、どのように取り組めばいいんだ、という事になるが、衛生的な側面と頭髪保全を重視して言うと、週に一回、油っほい髪なら二回という事が言える。

どういう理由で、毛髪をシャンプーすることが毛髪保全上悪影響を及ぼすかというと、毛髪は皮脂腺から出る油が被膜を覆い保全しているのだが、シャンプーによってこの被膜が取れてしまうからである。

この理由によってシャンプーは週に1~2回が好ましいと言われているのである。

 

髪がドライになるようなは敬遠すべきだろう。

 

シャンプーは、ゴミや埃のみを取り除く理想通りの洗剤の開発が、今のところ容易ではない。

そうなれば、強制的にやや強力なものを作る以外ない。

購入者が、髪の汚れが完全に落ちることを求めるからである。

人間の頭髪には、たくさんのタイプがあるから目やすとして洗浄したあと髪がドライになるようなシャンプーは敬遠すべきだろう。

また、シャンプーではなくて、石鹸で髪を洗髪する人もいる。

が、石鹸も同じ様なことが考えられる。とりわけ薬用石鹸などで洗髪するのはやめておいたほうがいい。

薬用とあるから、なんとなく頭髪にも使用できる感じがして使用している人がいるが、薬用石鹸の中には、厚生省で薬用石鹸に利用を禁止しているビチオノールという殺菌剤が取り扱われていることがあり、これが 頭皮によくない作用を与える からだといわれている。

このビチオノールはシャンプーやローションなどにも一部使用されているが、この殺菌剤が素肌に付着し、そこのところに太陽があたると化学反応をおこし、皮膚にかぶれやただれを引き起こさせる資質をもっているのだそうだ。

いずれにしても、殺菌効果のあるものは害はあっても利益はなし、使用しないほうが正解である。