薄毛・ハゲなかったアメリカ原住民(インディアン)の生活と食事内容を現代人は、見習うべきである。

AGA, 育毛

 

アメリカ原住民は、過度な塩分や砂糖を摂取しませんでした。

 

アメリカ原住民(インディアン)の食事内容は、あるものを何もしないで、からだの求めるままに摂取していたと言うことです。

なにより、過度な塩分は取ることはありませんし、 砂糖の場合は、全くと言っていいほど摂取していません。 

アメリカ原住民の土壌に入って来て、ハンバーガーの店を大量に建てた米国人達は、髪がどんどん無くなってしまっているのです。

反対にアメリカ原住民達は、影響されながらも、本人達が先祖から引き受けてきた生活リズムを厳守し続けています。

生活習慣病が増大しているだけでなく、髪が薄くなってきた人が増加し続けているのは、このような豊かすぎてブレーキが効かなくなった最近の人達への注意喚起なのかもしれません。

 

最も自然に近い生活をしていたアメリカ原住民たち。

 

彼らは都会の人達とは極めて反対のライフスタイルを継続していました。

自然のなかで、自然の延長として生きながらえて来たのです。

日没と共に眠り、日の出と一緒に目を覚ます。ほとんどのアメリカ原住民は砂糖も塩も使用していなかったといいます。

塩分は人間が生活を送って行くためには必要不可欠ですが、獲得できる塩というのは海水の塩だけだったようです。

その他は天然の食材から摂取していたのでしょう。

その食材も、七面鳥、野性の鹿、うさぎといった動物をどうしても必要な時だけ捕り、また自然に生え育っている野菜を摂取していたのです。

ジャガイモ、トマト、とうもろこし、と言われている野菜が彼らの食事内容だったのです。