ハゲ量産食品のジャンクフードが世界中を薄毛だらけにする? ジャンクフードの恐怖!

AGA, 育毛

 

ジャンクフードがハゲを量産する?

 

終戦後、日本国民の食事内容は激変しました。それ以前は野菜や魚が中心の食生活が、西洋人並みに肉中心になりました。

高たんぱく、高カロリーのフードスタイルが加速するにつれて、生活習慣病が多くなりました。

動物性の脂肪分の過剰摂取は、肥満体質を誕生させ、血液中のコレステロール値を増大させます。

当然、血液の流れは悪化して、毛髪への栄養分も浸透しなくなってしまうのです。

これら高カロリーの食事内容にプラスして、米国から上陸したファーストフードがあります。

フライトポテト、ピザ、ハンバーガー、ドーナッツ、アイスクリームといったよく言うジャンクフードの店舗が乱立し、ティーンエイジャーを中心としてすっかり日本国民の食事内容の代表になってしまっています。

ティーンエイジャーの中には必ず一日一回はハンバーガーを摂取しなくては気がすまないという人も結構見られます。

また、簡単に昼食をお子さんとファーストフードですませてしまう若年層の奥様もたくさん目に付きます。

 

若ハゲに苦悩している人々の大勢はジャンクフードが大好物

 

これは若年層のことを言い、髮の薄くなったオジサンには無関係なことと思われるかもしれません。

けれども、オジサンの方でも、その食事内容を聴くと、1週間に一回か二回そういう類の店舗で食事をすませてしまっている人達が数多くいました。

若ハゲに苦悩している人々の大勢は ジャンクフードが大好物 という人達です。

また、子供に片っ端からそういう類の食品を与えている毋親たちを目にしていると、今後、その子たちの髪が薄くなる日を予想する他ないのです。

なぜ、こうした食生活が悪影響を及ぼすかというと。栄養分のかたより、高脂肪食であること、たくさんの添加物の集まりであることなど、あげるときりがありません。

ジャンクフードだけでなく、合成着色料の入った食物やインスタント食品など、私たちの食事は今、多くの問題点をはらんでいます。

これらはすべて、毛髪だけでなく体全体に影響を及ぼしているのです。