皮脂の積極的な除去は、ハゲを加速させる?

AGA, 育毛

 

頭皮の皮脂は完璧に根絶しなければいけない?

 

昨今の世の中、頭皮を意識される方がだいぶ増加しているような気がしています。
頭皮を綺麗にしないと!毛穴の皮脂を除去しないと! そのような風潮が広まっているのではないでしょうか?

毛穴に皮脂が埋まって頭髪が成長できなくなってしまうと不安になっているように思います。

頭皮状況に気を付けることは、とても良いことだと思います。

しかしながら、何やら毛穴の皮脂を残らず除去しないといけない気持ちになっている人達が大多数ではないでしょうか。
頭髪や地肌のことを思って、頭皮の皮脂は完璧に根絶しなければいけないと思い違いをしてはいないでしょうか。

 

皮脂は悪者ではなく頭皮を防護するもの

 

私達の頭の毛穴からは皮脂が排出されていますが、否定的な認識があるように思われます。

頭皮がべたべたして気持ち悪いとか頭髪が皮脂のせいでニオイそうとか、皮脂は不潔という思い違いのなんと数多いことでしょうか

皮脂は悪いものではなくて、健全な頭皮と毛髪においては欠かすことができない存在なのです。

頭皮を防護する障壁だといっても言い過ぎではありません。

頭がハゲかけている人達、その前兆が見られる人達は、ほとんど脂っけのないカサカサな髪をしているのです。

清潔でいいじゃないか!と取り違えてはいけないと思います。

皮脂によって外側がコーティングされないので、欠かせない潤いまで抜け出てしまうからです。

毛髪が弱体化している人ほど皮脂が少ないと想定されます。

皮脂は毛髪のうるおい感を保ってくれる、必要不可欠な 天然のコーティング剤 です。

それを積極的に取り除いてしまうのは何の意味もないです。

皮脂を欠落させるケアは毛髪にとっては大打撃で、皮肉なことに薄毛をスピードアップさせてしまうことにもつながるのです。