精力絶倫は、ハゲ確定? 男性ホルモンの毛髪の発育を抑制してしまう機能の恐怖

AGA, 育毛

 

ハゲになる要因の1つがホルモン

 

ハゲで胸毛のある男性と聞くと、精力絶倫で女好きという印象があります。

ハゲの人達からしたら、大変迷惑は話です。

好んで頭髪が薄くなった訳ではないのに、あいつは性欲おばけだなどと思われるのでは、泣きっ面に蜂です。

しかしながら、このハゲの人は精力絶倫と言われているのは、意外と誤りでもないのです。

というのは、ハゲになる要因の1つがホルモンにあるからです。

男性と女性は思春期になると、各自のホルモンの作用が盛んになってきます。

男性は睾丸で精子が生成されるようになって、ヒゲが発生してボディも男性的になっていきます。

対する女性は卵子が生成され、生理がスタートして、胸がふくらみ、ボディも女性らしくなってきます。

それらはホルモンの働きによるのです。

とりわけ男性においては、思春期になるとニキビが多くなってきます。

これは精子が生成されるようになって、毛穴にある皮脂の分泌を活発化させるためです。

鼻の頭やおでこがピカピカ光沢があるような人も、この皮脂腺からの脂の分泌過多のためです。

男性ホルモンのテストステロンが変容して、皮脂の産出工場である皮脂腺を活性化させて分泌を活発にするためです。

顏や首、背中などはとりわけ細菌などが繁殖しやすく、ニキビや吹出物になりやすいのです。
しかしながら、女性には女性ホルモンのみが、男性には男性ホルモンのみしか体内にないのかというとそうとは言えないのです。

女性にも男性ホルモンが存在し、男性の体内にも女性ホルモンは分泌されているのです。

これらはうまく適度なバランスで、ボディに働きかけあっています。

均衡状態と言いましても、同じ量という事ではなく、女性は女性ホルモンが多くて、男性は男性ホルモンが圧倒的に多いのです。

 

男性ホルモンは毛髪の発育を抑制してしまう機能を備えています。

 


ヒゲはたくさん生えているのに、髪の方が薄らいでしまっているという男性がいます。

むしろ、ヒゲや胸毛が濃い男性的人達ほど、頭髪だけは薄いという人が多いのです。

なぜ、このようなことが発生するかというと、女性ホルモンはなぜか眉毛より上部、つまり額から上の頭髪の成長を増進させる効果があるのとは反対に、男性ホルモンはそこから下の毛髪に影響を与えるためです。

しかも、 男性ホルモンは毛髪の発育を抑制してしまう機能を備えています。 

若年者の急激な若ハゲは、このホルモンの均衡が崩れたことで目覚めるのが大半です。

頭頂部や前頭部から薄くなるのもそうした要因からです。

若年者だけに限らず、抜毛で苦しんでいる日本国民の約8割が壮年性脱毛症と脂漏性脱毛症です。

この最大要因が 極度の男性ホルモン です。