精力絶倫の人は、ハゲやすい? 男性ホルモン過多が毛髪に悪影響を及ぼす

AGA, 育毛

 

男性ホルモンは、毛包を収縮させてしまう。

 

頭髪が血液の中の栄養分で発育するいうことはみなさんもご存知かと思いますが、これとは別に成長に欠かせないのがホルモンです。

それも脂分を生み出す皮脂腺に影響を与えると噂されています。

男性ホルモンが活発になると、この皮脂腺が影響され極めて強化され、 毛包を収縮 させてしまうのです。

高カロリーの食物の栄養素も同様な影響を及ぼすといわれています。

さて、精力絶倫の人達がハゲると言われる理由もこの男性ホルモンとの関連で語られていることなのです。

もちろん、本人がセックスに淡白であるのかそうじゃないのかをシビアに確定させる原則というのはありませんし、自分自身では淡白だと考えている人でも、周囲の人からすればけっしてそうではないという人もいます。

そうは言っても薄毛の方は、年代とは関係無しで、セックスの頻度過多の人や、奥様だけでは不十分で愛人がいる方など、普通の人よりもセックスにおいては強い方が多いと思います。

こういう方は勿論の事男性ホルモンの分泌が盛んになり、そうなると全身にその影響がでてしまいます。

 毛髪にもそりゃ悪影響 を及ぼしてくるということとなります。

このようなことを言いますと、「もうエッチは控えよう」と思われるかもしれません。

夢中になりすぎることはいいわけはないのですが、エッチをエンジョイするというのも食事を摂る楽しみと同じくらいに人民の喜びのひとつだと言えます。

また、ハゲになるのは、男性ホルモン過多がのみが悪影響をもたらしているわけではありません。

精力絶倫だけどハゲない人は大勢いますし、反対に淡白でありながら遺伝や食事内容の影響などでハゲてしまう人もいるのです。

また、薄毛の大きな要因となるのがストレスです。

セックスがだめといって無理やり抑制してしまってストレスがたまったのでは意味がありません。

だからといって、欲望のままに四六時中セックスに奮闘するというのも健全とは言い切れません。

何ごとも程良く、であることが肝心です。

つまり、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスで毛髪も保持されるように、健康な食事内容や運動、性生活のバランスが大切なのです。