薄毛の原因である男性ホルモンに対抗できるのは、女性ホルモンだけ?

AGA, 育毛

 

男性ホルモンを抑制できれば、ハゲない。

 

男性ホルモンのやんちゃがハゲを確定させる大きな要因であるということは、多く知られていることと思います。

男性ホルモンのほとんどは、男性では睾丸で生成されます。

極論を言うと、ハゲが死んでも嫌なら、睾丸を取ってしまえぼいいということになります。

実際に、若いうちに睾丸を取ったという中国の宦官達は、ハゲにならなかったといいます。

また、今の時代でもニューハーフと言われている人達で手術で取ってしまった人は、女性と同様に綺麗な髪になるようです。

これはしかし一般的な男性には選択できません。

そこで現代医学では、男性ホルモンを抑圧しようとする探究がされています。

男性ホルモンを活性化させる5aリダクターゼという酵素の働きを止めてしまおうというものです。

しかし現時点ではこの酵素の役割を止める物は女性ホルモンしかないのです。

そこで、女性ホルモンを合わせた育毛剤というのが販売させています。

こうした育毛剤にはしっかり「女性ホルモンが混入されている」と掲載しているはずです。

女性ホルモンは確かに効果が顕著にみられます。

しかしながら怖いのが副作用です。

女性ホルモンは若ハゲの防止になる一方で、皮下脂肪が増大し体型がぽっちゃりとしてきます。

それのみならずたくさんのトラブルが持ち上がってくるリスクがあります。

 

ギャルの入った後のお湯につかろう

 

このために育毛剤に導入する女性ホルモンはごく微量であるケースがほとんどです。

副作用があるために用量は100g中0.0004gしか許されていません。

さらに近頃では、リスクが高いということで、こうした女性ホルモンが配合された商品は、販売出来なくなっているようです。

ビタミンやホルモンといった肉体的に不可欠な栄養分や成分はそもそも、食料品から取得したり、身体中で組み合わせされるものです。

そうなるためには健康的なライフスタイルや食事内容が必要不可欠です。

ホルモンとなると特に恐ろしく、たくさんの身体的異変が発症します。

ハゲに見舞われたからといって簡単に女性ホルモンやクスリにしがみつくのは恐ろしいのです。

もし、女性ホルモンを手にしたいというなら、若い年代の女性の入った後のお湯に浸かるといったことを推奨します。

ファミリーの主は一番風呂でなくてはいけない。というものは古くさい考え方です。

ギャルの入った後のお湯に浸かると、一番湯にはあるはずのない特有なソフトな感じがあるはずです。

それは若い年代の女性のボディから出たいろんな成分が溶け込んでそうなっているのです。