シャンプーしすぎると薄毛になる?  頭髪は健全な人達で毎日80本から100本ほどごく自然に抜けている

AGA, 育毛

シャンプーしすぎると髪の毛が抜ける?

 

脱毛が多くなったことを気付くのが、シャンプーした時という人がほとんどのようです。

そのために、出来る限り髪をシャンプーしないようにしている人が数多く、シャンプーが脱毛の大きな要因と感じている人もいます。

これはまったく誤った考え方です。

バスルームで覚えるハゲヘの恐怖・・・

髪が薄くなった人に、「髪を洗浄しない」という人達が増加しています。

こういった人達はシャンプーは、1週間から10日に1度という実績が見受けられます。

これは無理からぬ状況です。

髪が薄くなったほとんどの方は、その部分に自分自身でもうすうす認識始めます。

そうであってもそういったことはない、と否認しながら毎日を暮らします。

そのうち、誰かに「 薄くなったんじやない…… 」と言われてショックを受けます。

ついに気にかけ始めたら、残念なことに薄くなってきたことが理解できるようになります。

それであれもこれもと養毛剤というものを試用してみたりしますが、一向に髪が元に戻るということはないのです。

あれよあれよとハゲ上がってゆき、最後に手遅れというケースです。

 

その過程で、抜毛が一番よく見掛けるのが、お湯に浸かってシャンプーする時です。

髪を洗い流すと、排水口に抜毛が溜り、お風呂にも浮遊していたりするのが目に付きます。

洗髪が完了したらバスタオルで髪を拭くと、そこにも抜け毛が付いています。

そこで洗髪するたびに髪の毛が抜けるという恐怖にかられるというわけです。

シャンプーして抜け落ちる頭髪は、いつかどこかで抜け落ちてしまう

 頭髪は健全な人達で毎日80本から100本ほどごく自然に抜けている そうです。

一気にたくさんと抜け落ちたり、明快にいつも以上に抜け落ちていると確認できるようでしたら、臓器がやられていたり、ストレスオーバーな影響だったりしていることが考えられますので、医療機関にいった方がいいかもしれません。

頭髪が薄くなった人が、抜毛が多くな口たと思うのは錯覚であることの方がほとんどです。

もちろん、ストレスや食事内容が原因で健全な人よりも抜毛が多いのは間違いないでしょうが、それ以上に問題点は再生不可能になっているということなのです。

そういう理由で、シャンプーなどで抜け落ちる頭髪は寿命で、抜けるべくして抜け落ちているのです。

 
 

抜毛を外から防御することは困難を極める

 

頭髪につきましては、我々日本国民は発想力のチェンジをやってもらいたいと思います。

というのは、日本人は抜け落ちる毛をどうにかこうにか防ごうという意識に凝り固まってしまう傾向が強いのです。

食生活の改善やストレスのない生活をすることは、身体の内部からの抜け毛を防ぐ効果を生みます。

そうではなくて、抜毛を外から防御することは困難を極めるのです。

成長期の頭髪がガンガン抜け落ちてしまうのは問題ですが、寿命で抜け落ちてしまう頭髪シャンプーをしなくてもあたり前のように抜け落ちてしまうものなのです。

いずれ抜け落ちてしまう頭髪を遵守して、近いうちに生えようとする頭髪の成長を抑制してしまったのでは、なんの成果も期待できません。